calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

原爆・終戦・安芸門徒 広島のお盆は独特で、その思い出を綴る

0

    こんにちは。広島生まれじゃけん。素心(そしん)姫路店の玉川っちゃ。

    「じゃけん」は広島弁。「っちゃ」は山口弁です。

     

    みなさん。お盆はどう過ごされましたか?

    久しぶりに会う親戚や友人たちと楽しい時間を激しく、あるいはゆっくりと過ごすことができましたか?

    玉川は、15日だけお休みをいただき、

    しっかりお墓参りして、

    たらふく天ぷらを食べ、

    しこたまお酒を飲み、

    夜は撮りためた『NHKスペシャル』をランダムに観ました。

    そう。一連の戦争番組です。

     

    私の祖母三姉妹は広島に住んでいたのですが、

    1945年8月。祖母は満州にいました。

    二女と三女は、市内にいました。

    段原にある猿猴川のほとりで朝の朝礼をしていたらしいです。

    B-29の飛来。妙な落下物。閃光。爆風。

    あまりにも「あっ」っと言う間だったそうです。

    「あ」を一文字口にする、たったそれだけの時間で、広島は焼け野原になったのですね。

    被爆しながらも、2人はいまも健在です。

     

    おばちゃんたちは、戦争について多くを語ろうとしません。

    戦争中のささやかな日常などはきかせてもらいましたが、

    辛い思い出を幼い僕らに語り聞かせることはあまりなく、

    こちらが訊ねたことだけに応えてくれたように記憶します。

     

     

    「広島 原爆」の画像検索結果

     

     

    玉川にとってのお盆の風景というのは広島のそれです。

    ずっと山口県に生まれ育っていたのですが、墓は広島にあるために、

    お盆はいっつも広島に帰省していました。

     

    仏壇にお参りして、

    経机の上のおこづかいをもらって

    阿弥陀さまとご先祖様に感謝して

    それからお墓参りするというのが

    玉川家の鉄板コースでした。

    (えー。よければこちらのブログをどうぞ「まとめ! お墓参りが楽しくなる簡単な方法

     

    広島のお盆は独特で、

    その独特っぷりを視覚で表現したのが盆灯籠でした。

    広島のお盆では、必ず墓前に極彩色の盆灯篭と立てます。

     

     

    スーパーでもコンビニでも花屋でもとにかくどこでも売っている。

    最近わたしは広島に行かないのでよく知らないのですが、

    放火やごみの原因から禁止している霊園もあるとのことです。

    山口県から広島に向かうとですね、

    県境超えた途端に、この極彩色の盆灯篭がばばばばばばばばっと視界に飛び込んでくるんです。

     

    広島は姫路と同じで、全国でも有数の真宗地帯。「安芸門徒」という言葉があるくらい。

    阿弥陀如来を熱心に拝む広島という土地柄。

    そして15日は、阿弥陀如来の縁日。

    8月15日は、広島の人たちにとっては、

    原爆の季節であり、

    終戦の日であり、

    阿弥陀様の縁日であり、

    お盆の最後の日であり、

    極彩色に彩られた盆灯籠が、

    この世の地獄と、極楽浄土の両面を映しているようで

    少年玉川にはなんともドきつく、そして原風景として残っているのであります。

     

    当時の広島をよく知るには、

    昨年大ヒットした名作この世界の片隅にが分かりやすいみたいですね。

    わたしまだ観てないのですが、

    DVD化する前に、まずは原作読んでみます。

     

     

    細やかに、丁寧に、

    毎日の衣食住のためだけに日々の暮らしを営む人々の日常が、

    本当にいとおしく、尊い。

     

    そうした日常をずだずだに断ち切った焼夷弾、原爆。

     

    次回のブログは、少し原爆のこと、戦争のことを綴ろうと思います。

     

    わたしたちは、戦争を知らない世代です。

    私も戦争を身体的には知りません。

    でも、人間は想像できる生き物です。

    想像力で、72年前の広島に戻ることは、誰にだってできることなのです。

     

     

    文責・玉川将人

     

     

    ■仏壇仏具そして仏事のことならなんでもご相談に応じます!あなたのまちのアドバイザーが素心です
    ホームページは→ http://e-butsudan.jp



    素心加古川本店
    〒675-0012 兵庫県加古川市野口町野口81-1
    TEL.0120-20-9988・079-425-6111
    FAX.079-425-8818
    【営業時間】9:30〜18:30(盆前1ヶ月間は19:00まで)
    【定休日】年中無休(正月を除く)

    素心高砂店
    〒676-0076 高砂市伊保崎4丁目1-61
    TEL.0120-20-9989・079-447-6111
    FAX.079-447-6500
    【営業時間】9:30〜18:30(盆前1ヶ月間は19:00まで)
    【定休日】年中無休(正月を除く)

    素心姫路店 ※平成29年2月25日 OPEN!
    〒670-0966 姫路市延末1丁目82
    TEL.0120-20-9987・079-288-6111
    FAX.079-280-6221
    【営業時間】9:30〜18:30(盆前1ヶ月間は19:00まで)
    【定休日】年中無休(正月を除く)


    | 1/139PAGES | >>