calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

保存版 仏壇のお掃除の仕方

0

    こんにちは。素心(そしん)姫路店の玉川です。

    クリスマスも終わって、いよいよ世の中は年末モードです。

    今年の紅白は、安室もエレカシも出るので早くも大晦日が楽しみなのですが、

    その前にしなければならないことが、はい、ドン!

     

    お仏壇の大掃除!

     

    家の大掃除は当たり前! 車の大掃除も当たり前!

    だったら、仏壇もピッカピカにしてやろうぜ!

     

    このブログでは、お仏壇のお掃除方法を徹底的に解説しますよ。

     

    【1.まずは合掌礼拝】

    まずなによりも、仏様に、ご先祖様にあいさつです。

    「今年一年ありがとうございました。これからお掃除させていただきます」

    これがあるとないとでは、なにがどうかはうまく説明できないのですが、

    とにかく大違いです(なにが?)

     

    【2.いまの状態を写真に撮る】

    お掃除に取り掛かる前に、いまの仏壇の状態を写真に撮っておきましょう。

    なぜならば、一度外に出した仏具をどこに戻していいかわからなくなるからです。

     

    【3.仏具は全部外に出す】

    仏具はいったん全部外に出しましょう。

    お部屋を掃除するときも、本をどかして、机をどかして、椅子をどかして、んで掃除機かけますよね。

    あれと同じです。

    仏具はたしかに扱うの怖い!

    でも、慎重に、丁寧に扱えば、大丈夫!

    仏具は敵ではありません。あなたの味方です。

    あなたが優しく仏具に接すれば、仏具もあなたに優しくしてくれます。

     

    (この仏具を)

     

    (こんな風に取り出します)

     

     

    【4.毛払いでほこりを払う】

     

    仏具を全部取り出したら毛払いを使って仏壇のほこりをパタパタと払いましょう。

    仏壇は、細かい細工がたくさんあります。

    傷つけないように、慎重に、柔らかく、ほこりをはたいていきます。

     

    (金仏壇は特に扱いをこまやかに。金がはげたり、彫り物が折れないように気を付けましょう)

     

     

    【5.拭き掃除は漆の部分だけを、柔らかい布で!】

     

    さて、ではいよいよ拭き掃除ですが、とっても大事なことを、忘れないでください!

     

    金の部分は、触らない!

     

    これ、もう、鉄則です。

    理由はカンタン。金箔がはげてしまいます。

     

    (一生懸命に拭いてあげた結果、こうなってしまうんです・・・)

     

    ですから、金の部分は毛払いで、さささささっと払ってあげましょう。

     

    そして、漆の部分ですが(いわゆる黒塗りの部分ですね)、

    ここは柔らかい布で拭き取ってあげましょう。

    でないと、漆を傷つけてしまいます。

    しつこい汚れの場合は、一度固く絞った水ぶきで拭きあげ、その後乾拭きして水気をとってあげましょう。

    これでOKです。

     

    ツヤを出したい時はこれ、ドン!

     

     

     

    つや出しワックス・ニューグッドです!

    仏壇にも、家具にも、ピアノにも使えるという優れもの!

    お肌には使えないので、お気を付けてくださいね。

    ツヤがでて、ほこりがつきにくいという利点がある反面、

    つるつると滑りやすくなるので注意してくださいね★

    素心店頭で350円(税別)で販売中。安い!

     

    【6.仏具は金物と漆のものとで分ける】

     

    仏具は、そのほとんどが金物漆のものに分けられます。

    まずはこの二つを分けましょう。

     

    こちらは金物たち。ドン!

     

     

    最近の金物の仏具は、金メッキの塗装がしてあることが多いため、

    ゴシゴシ磨いてしまうとメッキが剥がれてしまいます。

    また、黒色の仏具は漆を焼き付けてあるので、こちらも色が剥がれます。

    乾拭きできれいにしてあげましょう。

     

    こちらは漆組。ドドン!

     

     

    漆の仏具は仏壇と同じです。

    金の部分は触らない。漆の部分はOK。という感じで。

     

     

    【7.唐木仏壇や家具調仏壇は、やさしく拭き掃除しましょう】

     

    さて、さっきまで参考にしていたのは金仏壇です。

    唐木仏壇や家具調仏壇の構造はもっと簡単です。

    仏具を出して、ほこりを払って、拭き掃除をしてあげましょう。

    基本、すべての箇所に塗装が施されているので、

    そこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ。

     

    【8.素心には、便利なお手入れ用品がいっぱい】

     

    31日15時まで営業の素心には、便利なお手入れ用品がいっぱい!

     

    ●ホコリをはたく毛払いは、420円から!(税別)

     

     

    ●つやだしワックス・ニューグッドは350円!(税抜)

     

     

    ●真鍮磨きのアルボンは350円から!(税抜)

     

     

    ●磨くのイヤだという人は、お寺にも名古屋のシャチホコにも大人気のニューテガール

     つけおき洗いでとっても楽ちん。1,680円から!(税抜)

     

     

    ●やわらかい布って、ようはこれのことです。

     幸せの黄色いハンカチ改めシャイノール。168円!(税別)

     

     

    さあ!残すところ今年もあと6日。

    29日に仕事納めして、30日はドドドンっと家と仏壇を大掃除しましょう!

    素心は31日15時まで営業しています。

    お掃除中に困った人、お手入れ用具が欲しい人は、

    素心にGO!

     

    文責・玉川将人

     

     

    ■仏壇仏具そして仏事のことならなんでもご相談に応じます!あなたのまちのアドバイザーが素心です

    素心公式サイトは→ 
    http://www.so-shin.jp/

    仏壇特別サイトは→http://e-butsudan.jp

    素心加古川本店
    〒675-0012 兵庫県加古川市野口町野口81-1
    TEL.0120-20-9988・079-425-6111
    FAX.079-425-8818
    【営業時間】9:30〜18:30(盆前1ヶ月間は19:00まで)
    【定休日】年中無休(正月を除く)

    素心高砂店
    〒676-0076 高砂市伊保崎4丁目1-61
    TEL.0120-20-9989・079-447-6111
    FAX.079-447-6500
    【営業時間】9:30〜18:30(盆前1ヶ月間は19:00まで)
    【定休日】年中無休(正月を除く)

    素心姫路店 
    〒670-0966 姫路市延末1丁目82
    TEL.0120-20-9987・079-288-6111
    FAX.079-280-6221
    【営業時間】9:30〜18:30(盆前1ヶ月間は19:00まで)
    【定休日】年中無休(正月を除く)


    コメント
    コメントする